htmlメールの使い方

上手に使い分けようhtmlメール

普通のテキストメールであると、インパクトが少なくて訴えたいことがうまく記載できない。そんな時には、htmlメールを利用するのがオススメです。htmlメールはどんなものなのか、その活用法までご紹介しましょう。

htmlメールって何?

テキストメールと、htmlメールを比較すると、テキストメールの場合文字情報のみで構成されたメールですのでとてもシンプルなものとなり、データー量も少ないですので小受信者双方に負担のかからないメールです。
一方、htmlメールは、画像の埋め込みができたりボタンなどの配置が行えたり、まるでWebページのような仕上がりになります。そのため、視覚的に訴えることができます。
htmlメールは、専用言語のhtml言語を利用すれば、テキストベースで記載することもできますし、専用のツールを使えば、ホームページを作るようにグラフィカルに編集が可能です。専用のツールも最近では無料で入手することができますので、誰でもが簡単に作れます。

htmlメールのメリット

htmlメールは、視覚的に読む人の心を動かすことができますので、テキストだけのメールよりは表現力が飛躍的に高まります。テキストメールではできなかった、文字の装飾や画像の埋め込みなどが可能になるためです。
ホームページと同様に、写真をクリックしただけで、インターネットのURLにハイパーリンクさせることが可能になるなど、自分のホームページを宣伝したい時などに使用するのに向いています。
ただし、メールの容量が大きくなってしまい、受信者側の使用しているメーラーによってうまく表示されない可能性があるなどのデメリットもあるので覚えておいた方が良いでしょう。一般的な会社などの場合、htmlメールを迷惑メールとして扱い自動的に弾かれてしまう場合もあります。

htmlメールの効果的な使い方

htmlメールは、店舗や製品などの宣伝をするのに向いています。アピールしたい商品などの写真を掲載できるためです。また、ハイパーリンク機能などを利用して、自分の店舗のホームページに読者を誘導することも可能となります。
インターネット通販の会社などのほとんどは、htmlメールを利用することで宣伝効果を狙っています。
また、htmlメールを配信した場合は、メールの開封率が計測できますので、マーケティングにおいて需要な指標となります。
htmlメールの効果的な使い方としては、そのコンテンツの作り方にあります。ホームページの作り方と同じで、「見やすい」、「簡潔である」、「理解しやすい」を心がけて作れば、インパクトのあるメールが作れるでしょう。