販路拡大に有効

分かりやすさ魅力!htmlメールのメリットと注意点とは?

顧客の注意を喚起しやすいことで注目が集まっているのがhtmlメールです。メールを受け取った人のレスポンスが良い事で知られ、ビジネス拡大の強い味方です。危険も指摘されるhtmlメールですが、使い方に注意してトラブルを回避しビジネスチャンスに繋げましょう。

そもそもhtmlメールってどんなもの?

メールにはテキストメールとhtmlメールの2種類があります。テキストメールは文字だけを使ったシンプルなメールです。華やかなイラストや表、カラフルな文字が使われているメールはhtmlメールといって、Webサイト構築なども使われるhtmlという言語で記述されています。日本ではBtoBのシーンではテキストメールが主流です。htmlメールは受け取った人に対し、直観的・視覚的にサービスポイントをアピールできるため、顧客獲得などに大きな力を発揮します。htmlメールを受け取った人がメールに示されているリンクをクリックしてサイトに飛ぶ率は、テキストメールより高いことが知られています。しかしhtmlメールはかねてよりセキュリティの観点で問題がある事が指摘されており、神経質になっている人も少なくありません。

htmlメールを使う際の注意点とは

html言語は全てのメールソフトに使えるわけではないのが大きなネックです。これはメーラーが対応しているCSSプロパティに違いがあり、html言語の解釈が一様ではないことに起因しています。したがってメール製作者の意図通りに表示されるとは限らず、非常に見にくいメールとなってしまう危険性もあります。そもそもhtmlメールそのものに対応していないメーラーもありますし、受け取り拒否に設定している人もいます。html言語で記述されているためテキストメールに比べるとデータ量も多く、受け取り手に負担がかかるというデメリットもあります。html言語は内部でスクリプトと呼ばれる小さなプログラムを実行することが可能ですが、これが悪用されコンピューターウィルスがばらまかれた事件が過去に幾度も起こっています。

htmlメールを有効に利用するには

htmlメールは今もビジネスシーンでは敬遠されがちです。セキュリティの観点からも受信拒否扱いにしている人は少なくありません。メーリングリストなどにhtmlメールを使うと意図したような効果が現れない可能性もあります。このような場合、マルチパート配信を導入することによってhtmlを受け取れなかったユーザーに自動的にテキストメールを送信することが出来ます。余計なスクリプトを組み込まれないように予め外枠を構築したhtmlメールのテンプレートが多数公開されています。これに必要情報を記入するだけでスタイリッシュなhtmlメールを簡単に作る事が可能です。余計なスクリプトを入れることができないため安全性も担保されます。