htmlメールの注意点

他と差がつく!htmlメールで色とりどりな配信をしよう!

メールマガジンやメール広告を出しているけれど、文字情報だけじゃ伝えられる情報に限界を感じる…。そんな経験はしばしば、実はメールもホームページのように色々なレイアウトやデザインを使って読者に対して情報を伝えることができてしまうんです!htmlメールを使って一味違う配信をしてみませんか?

ホームページと同じ!それがhtmlメール

ホームページで使われるhtmlという言語を利用してメールを送るのがhtmlメールです。文字情報だけではなく、画像や枠、地図や動画まで載せることができてしまいます。メールなのでホームページのように色んなページを見せていくということは苦手ですが、1枚のメールに色々な装飾を施して、特徴あるメール配信をしていくことが可能です。
添付で画像を付けてもダウンロードされずに見てもらえない、ごみ箱に迷惑メールとして自動で入ってしまう。色々な記号を使ってレイアウトデザインをしてたけど限界を感じる。ビデオレターとして届けたい…などなど、htmlを使うだけで悩みを解決した上でなおかつ、一つ上をいく情報提供が可能になるのです。
他と差をつけたいメールを送る時にはhtmlメールが効果的、目を引く配信をして読者をくぎ付けにしてしまいましょう。

やりすぎ注意!演出は派手になりすぎないように!

htmlメールを配信する上で注意したいことは、演出過多になりすぎないことです。有料メールマガジンを配信する場合、お金を払ってでも見たい、楽しみにしている方も多いので演出過多が痛手になることは少ないです。しかし、宣伝を目的とする無料メールマガジンや広告メールでhtmlを使う場合は凝りすぎると逆効果になるので注意して下さい。
凝りすぎた演出をしてしまうとメールそのものの表示が重くなってしまったり、レイアウトがごちゃごちゃで可読性が低くなり、最後までメールを見ない読者が増えてしまいます。効果的な演出ができればいいのですが、過度になりすぎると逆に読者を失いかねない諸刃の剣なのです。一度迷惑メール登録されてしまうと二度と読者に届かない可能性もあるので、相手に不快感を与えないようなレイアウトデザインを保つ必要があります。

誰でもできる?htmlメールの作り方

誰にでもhtmlメールは配信できるのでしょうか?ホームページ制作ができる方であれば問題なくhtmlメールは配信できます。メーラーによって異なりますが、html記述モードでコードを書き送信するだけです。しかし、ホームページと違う点はcssや素材などのファイルを保管するサーバがないので、別途サーバの準備が必要です。
ホームページ制作ができない方は、残念ながら険しい道のりになります。htmlやcssなどを覚える必要があり、ハウトゥー本やサイトで説明を読んで明日からという訳にはいきません。そこでおすすめしたいのがhtmlメールの発送代行です。ホームページ制作と同様にレイアウトデザイン、配信内容の企画なども相談に乗ってくれます。ホームページを制作してる会社であれば請け負ってくれますので、自身のホームページを業者などに作成依頼している場合は、そこにお願いしてhtmlメールを配信することも可能です。