htmlメールの特徴

htmlメールを理解して、実際に利用してみよう

メールの形式の一つにhtmlメールというものがありますが、そのhtmlメールとはいったいどういうものなのか、さらに実際にその作成方法や作成するときに注意すべき点もつづけてご紹介していきます。

htmlメールとはいったい何?

メールの形式には2種類あり、一つがテキストメールです。テキストメールは文書のみで構成されていて、内容を簡潔に伝えるのに向いています。そのため、主に私信メールのやりとりで使われています。そしてもう一つがhtmlメールです。htmlメールは、フォントや文字の色・大きさなどを変えられ、画像や動画などを埋め込むことができます。表現が豊かになり視覚的訴求力も高まるため、メールマガジンなどで用いられています。htmlメールは見た目のインパクトがあるため受信者の反応が良く、メール本文に埋め込んだ画像のダウンロードの有無によってメールの開封を知ることができるため、マーケティング目的のメールに向いているといえるでしょう。

htmlメールの作り方いろいろ

htmlメールを作成するには主に3つの方法があります。まずは、htmlとcssで一から書いていく方法です。webサイトで使用されているhtmlとcss
と基本的な書き方は同じなので、webサイトの制作経験者はスムーズに書いていくことができるでしょう。次はツールを使う方法です。すでにデザインされているテンプレートを選び、そこにテキストを追加したり、画像などをドラッグアンドドロップで埋め込んだりして作成していきます。無料と有料のツールがあるので、自分合ったものを選ぶと良いでしょう。そして最後がメール作成支援サービスを提供している会社に依頼するというものです。専門知識を持った方に質の高いhtmlメールを作ってもらます。もちろん、それに見合ったコストはかかります。以上の3つから自分の目的や知識に合ったものを選ぶのがおすすめです。

htmlメールを自分で一から作る場合に気をつけること

htmlメールをhtmlとcssで作る場合webサイトを作成するときの書き方と基本的に同じですが、いくつか違うところもあります。まずはテーブルレイアウトが基本です。いまではwebサイト制作で使われなくなったこの方法ですが、メールクライアントはブラウザに比べてcssへの対応状況が遅れているため、なるべくレイアウトが崩れないようにする目的でテーブルレイアウトが使われています。次にcssはhtmlのソースコードに直接書くことも基本です。というのもメールクライアントによっては外部ファイルのcssを読み込めない場合があるからです。そして出来上がったhtmlメールはさまざまなメーラーでの表示確認も必要になります。これもメールクライアントによってcss対応にバラつきがあるためです。メーラーにはじつに多くの種類があるので、表示検証ツールを用いるのが良いでしょう。