htmlメールは見た目を良くできる

「テキストメール」と「htmlメール」の違いとは

htmlメールはまだ主流になっているとは言えませんが、視覚的な効果が充実しているなどのメリットがあります。ここでは、従来からある文字だけの「テキストメール」と「htmlメール」を比較することによって、それぞれの特徴を紹介します。

BtoBではテキストメールの方が主流

htmlメールは、インターネット上のホームページのようにレイアウトを自由に決められるメールのことであり、文字だけを送信するテキストメールと比べると視覚的な効果を充実させることができるという特徴があります。しかし、BtoB(企業同士の取引)の分野では、テキストメールが主流となっているのが現状だと言えます。文字だけを送信するテキストメールにも良い点はありますが、htmlメールは、セミナーやイベント案内、そしてメールマガジンといった、多くの人にメールを送る場合などに有効であり、便利だと言われています。ですので、「テキストメール」と「htmlメール」の特徴を知った上で、両者を使い分けることも必要だと言えるでしょう。

テキストメールの特徴

htmlメールの特徴やメリットを知るためには、まずテキストメールのことを知っておく必要があります。テキストメールは、文字だけを使って構成されたメールのことであり、従来からよくある一般的なメールだと言えるでしょう。メリットとしては、専用のツールや専門知識が無くても使用できることや、表示状態が、受け手の受信環境にあまり左右されない(そのままの表示内容が送れる)こと、そしてセキュリティなどに引っかかりにくいことなどが挙げられます。一方のデメリットとしては、基本的に文字だけの表現になってしまうため、ビジュアル面での訴求力に欠けてしまうことや、効果測定を行う場合は、そのためのパラメーターを隠すことが出来ないことなどが挙げられます。

htmlメールの特徴

htmlメールは、文字のフォント(種類)や大きさ、色を変えられるほか、画像や動画を入れたり、レイアウトを自由に作ることができるということが特徴になります。ですので、文字だけのテキストメールと比べると、見た目も華やかで、分かりやすい構成にできると言えるでしょう。メリットとしては、画像や動画を入れることができるため、商品の実際の姿を伝えやすいということや、クリックされやすい(見てもらいやすい)ということなどが挙げられます。一方のデメリットとしては、専門知識が必要になる場合があることや、受信者側の環境によっては正しく表示されない場合があること、そしてテキストメールと比べる容量が大きくなってしまうことなどが挙げられます。